スタッフの声

ショップスタッフ(リミテッドパートナー)
H.H./ 2013年入社

― 入社後、産休・育休を取得して復帰されましたね。
2013年に入社して、2017年8月に産休・育休を取得した後、2019年4月に復帰しました。子供が保育園に入園したので、現在は時短勤務を使用してリミテッドパートナー※として働いています。※育休明け時短勤務スタッフの呼称

― 前職はどんな仕事をしていましたか。
服飾デザインの学校を卒業後、アパレルのセレクトショップに就職しました。個人店でアットホームなお店だったので、接客やバイイングなど全般をやっていましたね。

― マークスアンドウェブで働こうと思ったきっかけはなんだったのでしょう。
セレクトショップには8年くらい勤めたのですが、アパレル以外にも興味を持ち始めて、次は違うことにチャレンジしたいなと思ったんです。マークスアンドウェブのお店にはよく行っていて、ハンドソープを購入していたのもあり、ふと気づいたときに「好きだな」と思って。そこでホームページの採用情報を見て応募しました。

― 入社したときの印象を教えてください。
前職では個人店で自由にやっていたので、「ついていけるかな」という不安もあったのですが、入ってみたらスタッフが皆いい方で、やさしく教えてくださって。ときには厳しいこともありましたが(笑) 悩んでいる問題に対して、店長が的確なアドバイスをくれるので、自分の課題点が明確になり、乗り越えることができました。店長や周りのスタッフに支えられてやってきたという感じです。

― ご自身も店長を経験されていますよね。
働いていくうちに、店長を目指すようになりました。はじめの店舗で2年半ほど勤務して、2店舗目に異動して半年後に店長に昇格しました。そして店長に就任して少し経ったころに、妊娠が分かって。どちらも念願だったので、「どっちもがんばるぞ!」という気持ちでした。体調の変化もあるなか、お店に立つのは大変でしたが、周りのスタッフにも助けてもらって産休に入るまで勤めることができました。貴重な経験をさせていただきました。

― 出産後もマークスアンドウェブで働こうと思った理由はなんだったのでしょう。
やっぱり商品が好きだし、接客も好きだし、一緒に働いてきたスタッフが皆いい方だったので、また働きたいなと思いました。ただ、復帰後は時短勤務になるので、どれくらいお店や会社に貢献できるのか不安もありましたね。育休中は、たまに近くの店舗に行ってスタッフと話して情報を集めたり、新商品をチェックしたりしていました。同じ時期に育休から復帰するスタッフがいたのも心強かったですね。復帰の際は研修もあったので安心できました。

― 現在、どんなシフトで勤務されていますか。
リミテッドパートナーは勤務条件があって、復帰後から子供が3歳になるまでは時短勤務が可能で、最大2時間短縮できます。早番シフトのときは9:30~16:30、遅番シフトのときは12:30~19:30で勤務しています。そのほか、土日・祝日と遅番シフトは、合わせて月に7回以上と決まっています。お盆や年末年始も、出勤日数に条件はありますが、お休みを配慮していただけるのでありがたいです。

― 土日・祝日や遅番の勤務のときはどうしていますか。
遅番のときは、なるべく土曜日にシフトを入れてもらって、休みで家にいる夫が子供を見ています。平日に遅番シフトになったときには、夫の両親に保育園へお迎えに行ってもらうなど、家族に協力してもらっています。義父母が近くに住んでいるので、だいぶ助かっていますね。

― ご家族とスケジュール調整をされているのですね。
そうですね。シフトが出たら、家のカレンダーに書き込んだり、すぐ家族に「この日とこの日をお願い」と、連絡しています。子供の予防接種や保育園の用事が決まっていて家族と調整ができないときは、事前にシフトの希望で休みを申請しながらスケジュール立てをしています。

― お子さんが生まれると生活に変化もありますよね。
すごく変わりましたね。子供が生まれる前は、夜型の生活で、自分優先でやりたいことをしていたんですが、子供が生まれてからは朝型生活で、子供優先に変わりました。今は朝は5時くらいには起きて、夜は遅くても22時には寝てしまいます。規則正しくなったので、風邪をひきにくくなったり、肌荒れしにくくなりましたね。

― 仕事に関しては意識の変化などはありましたか。
産休・育休中は仕事と長期間離れていたので、ちゃんと働けるのか不安だったのですが、復帰をしたら身体が覚えていて。育休中は、ずっと子供を見ていて、それもとても楽しかったのですが、仕事をしているときと比べたら人と接することが少なくなったんです。復帰をして、お店で人と接したり、お客様と商品についてお話ししたりするだけで、「こんなに楽しかったんだ!」と以前より仕事を新鮮に感じています。比較的忙しい店舗に勤務しているので、仕事に集中できるのも切替えになっていいですね。

― 仕事の日のスケジュールを教えてください。
朝5時に起床して、30分くらいかけてスキンケアをします。この時間が、自分の時間ですね。その後、家事をして、7時に子供を起こして一緒に朝食を食べます。8時に家を出て保育園に子供を送っていった後、出勤。16時半に仕事が終わると、最寄の駅に着くのは17時半頃。 そこからお迎えに行って、買い物をして帰ると18時半くらいに自宅に着きます。そこから夕食、子供をお風呂に入れて、寝るのはだいたい21時半頃です。毎日バタバタなので、朝のうちに夕食のお米を炊飯器にセットしてタイマーを入れておくなど、効率よくできるように工夫しています。

― 子育てと仕事の両立で大変なことはありますか。
子供と過ごす時間が限られるので、一緒に過ごす時間をどのように濃密にするかですね。休みの日は、できるだけ家族で出かけたりするようにしています。働くことで、子供と離れるのはさみしいと感じることもありますが、働く楽しさも感じています。あと、仕事中に子供の急な発熱などで保育園から連絡が来て、お迎えに行かなくてはいけないとき。仕事を切り上げなくてはいけないので、他のスタッフに申し訳ないなと感じます。

― 両立するために周囲から協力してもらっていると感じるときはどんなときでしょう?
少数精鋭でお店を運営しているなか、時短勤務で働けるだけでもありがたいと感じています。さらに、子供が体調を崩して帰らなくてはいけないときもあったり。そんなときもスタッフが理解してくれて快く送り出してくれるので、とてもありがたいですね。こうした理由でお店が人員不足にならないよう、リミテッドパートナーは、通常のスタッフ数プラス1人として配属になることがあります。シフトにも少し配慮をしてもらえるので助かります。

― 先ほどお話に出たご家族の協力もありますね。
はい。義父母に子供のお迎えを頼んだときは、実家でお風呂に入れてくれたり、夫や私の食事も用意してくれたりします。夫の妹も子供の面倒をよく見てくれるので懐いていて。仕事が終わったら実家に皆が集合してワイワイするのも楽しいですね。近くに家族がいることが精神的な支えにもなっています。繁忙期は、フルタイムで勤務するときもあるので、そのときは私の母も来て子供の世話をしてくれます。遠くに住んでいるので頻繁には難しいですが、孫に会うのを楽しみにしています。

― マークスアンドウェブで働く上で、やりがいに感じることはどんなことですか。
お客様から「一緒に選んでくれてありがとうございます。」と声をかけてくださったときが、一番嬉しいですね。復帰して接客が好きなんだということを再確認しました。店長業務と妊娠で、余裕がないままお休みに入ったので、その分復帰後に楽しさを感じるんだと思います。プライベートでは子供の話題がどうしても多くなるのですが、仕事では、私個人としてお客様とお話ができるのも嬉しいですね。ベビーアイテムも、実体験があるのでより詳しくお話できるようになりました。ママさんのお客様がいらっしゃると親しみが湧きます!

今後の目標を教えてください。
新しく入ってきたスタッフの目標になる存在になりたいと思います。お客様にも楽しんでいただけて、一緒に働くスタッフも、自分も楽しく働けるよう心掛けたいですね。店長時代は、考え過ぎて行き詰ってしまうことも色々な場面であったのですが、それを経験して成長したことで、今は余裕を持って全体を見て働けていると思います。この先、子供が3歳になるとフルタイム勤務になります。そのときになってみないと子育てや家庭と仕事の両立がどのようになるのか分からないですが、できる限り、好きな仕事で働けるこの環境に感謝しながらお店に立ちたいなと思います。

 

― プライべートではどんなアイテムを使っていますか。
子供には、泡のボディソープとミルクタイプの入浴料、ヘアコームを愛用しています。泡タイプの「フォーミングボディウォッシュ」は、泡が全然へたらないので、背中も泡がスルスルと落ちてしまうことなく、しっかり洗えてお気に入りです。入浴料「バスエッセンス」は、湯船に入れると白くなるのを見せると、興味津々に遊んでくれます。お風呂に入るのを渋ったときの、お助けアイテムになっていますね。どちらも無香料があるので、子供にも安心です。コームも赤ちゃんの頃から愛用中。フェイスオイルシートマスクは、自分の時間のないときのスキンケアに。子供をお風呂に入れた後、とりあえずオイルをつけてマスクをすると、しっとりとした潤いが持続します。

 

― お休みの日の過ごし方を教えてください。
家族で出かけることが多いですね。夫はレクレーション担当で、休日のお出かけ先を提案してくれます。ちょっとした遠出が好きなので、日帰りで車で出かけます。最近では、箱根彫刻の森美術館や、飯能にあるムーミンパークに行きました。子供が遊べる場所もあって、家族で楽しめるところが良かったです。夫婦二人だったときは、カフェでおいしいものを食べるのが共通の趣味だったのですが、ようやくそれも子供と一緒に行けるようになってきました。一緒にできる楽しみが広がってきたのも嬉しいです!

採用情報TOPにもどる

募集要項はこちら

ショッピングカート