PRODUCT IN DETAIL 天然素材へのこだわり

MARKS&WEBのリネンアイテムは、リトアニアでつくられています。リネンの原料は初夏に小さな青い花を咲かせるフラックス(和名:亜麻)という植物。寒暖差の大きいヨーロッパはフラックスの生産に適した土地です。リトアニアはヨーロッパの北部に位置するバルト三国のうちの一国で、古くからリネンを使った衣類やテーブルウェア、寝具などを生産し、他国に輸出してきました。その歴史は中世にまでさかのぼり、長く受け継がれてきた伝統と高い技術によって、今もなお良質なリネン製品がつくり続けられています。手仕事の文化が根付いているリトアニアには、日ごろから刺繍や縫い物をする方が多く、MARKS&WEBのリネンアイテムも、ひとつひとつ丁寧につくられています。

リネンの特徴

リネンの特徴

リネンは天然素材の中でも丈夫な繊維。水に濡れるとさらに強さを増します。洗濯に強く、生地が傷みにくいので日常使いに最適です。リネンの代表的な特徴は吸水性と速乾性に優れていること。これは、繊維の中が空洞になっているため、水分を吸湿・発散しやすいのが理由です。すぐに乾くので雑菌がつきにくく、さらに汚れなどが繊維内に入りにくい構造をしているので清潔に保つことができます。そのような利点を生かし、MARKS&WEBでは、毎日気持ちよく使っていただきたいキッチンアイテムやバスグッズ、ベビー用のアイテムを中心にご用意しています。リネンは、はじめはシャリっとハリのある感触ですが、数回洗うと少し柔らかく、洗いこむとくたっとした感じに変わります。使い込むほどに変化する風合いも、リネンならではの特徴です。

生地について

生地について

リネンの生地にはいくつか種類がありますが、MARKS&WEBで扱っているのは平織りの生地、パイル生地、ワッフル生地、ニット生地の4種類。 この中から、用途に合わせた生地を選んで使っています。平織りの生地でも、薄地、普通地、厚地のように生地の厚さに種類がありますが、「キッチンリネンクロス」には、吸水性と速乾性をバランスよく備えた普通地を使用。手に収まりやすく、食器を磨きやすい厚みです。バスグッズは表面積が多く、水分をしっかりと吸湿・発散できるパイル生地でつくりました。ベビーアイテムには、さらりと軽い肌あたりのワッフル生地や、成長の早い赤ちゃんに合わせて伸縮性のあるニット生地を選んでいます。生地ごとに少しずつ異なる使用感もお楽しみください。

TOPにもどる

ショッピングカート