FACE CARE CHART フェイスケアの使用順序

清潔にした肌に必要なのは、水分・保湿成分・油分。本来のすこやかさを保つため、まずは水分をしっかり補うことが大切です。その後、化粧水だけでは補いきれない、保湿成分をたっぷり配合した美容液を。最後は、補った水分が失われないよう油分で保護します。キメの整ったなめらかな状態が、すこやかな肌の目安です。

STEP 01CLEANSING  クレンジング

ウォータープルーフのファンデーションやマスカラは、クレンジングで落とします。メイクの主成分は油分。クレンジングの基剤も油分です。ゴシゴシこすらなくても、顔にまんべんなくなじませていけば、クレンジングが自然にメイクを包み込んでいきます。クレンジング力が高い「オイル」は濡れた手でも使えます。乾燥肌におすすめの「ジェル」、さらにマイルドな使い心地の「ミルク」は、乾いた手で使ってください。メイクの種類に合わせた使い分けがおすすめです。

STEP 02FACE WASH   洗顔

汚れは泡立ちを損ないます。まずは手から洗ってください。それから両手でよく泡立てます。たっぷりとした泡を短時間でつくれるネットの併用がおすすめです。両手いっぱいに泡ができたら、顔に泡を移します。手指をそっと小刻みに動かすと、泡が汚れを吸着。毛穴汚れもすっきりします。洗顔料3アイテムの洗浄成分は石けんのみ。泡の質感や、洗った後の肌の感触はそれぞれ個性的です。お好みでお選びください。

STEP 03FACE WATER   化粧水

洗顔後、顔全体に化粧水をつけ、肌がすべすべになるまでよくなじませます。「ハーバルウォーター」は発酵アルコールを加えたさっぱりタイプ。「センシティブ」はしっとり、「モイスチャー」は最もしっとりで、これらはアルコールフリー。乾燥がひどく気になるときは、潤いを肌にじっくりと補える「マスク」がおすすめです。肌質やそ の時々の肌の状態、季節などに合わせて、自分に合った、心地よく使える化粧水・アイテムをお選びください。

STEP 04MOISTURIZER  美容液

水分・保湿成分・エモリエント成分(油分)がバランスよく補われると、肌は本来のすこやかな状態に戻ります。メイクをしている日中や睡眠中など、水分を補いにくいときも長時間素肌の潤いを守れるよう、化粧水の後には「モイスチャーライザー」がおすすめです。物足りないときは重ねづけをして、肌に必要な量を十分に補います。繊細な目元にはハリを与え、ピンポイントでケアできるクリーム状の美容液「アイエッセンス」をご用意しました。

STEP 05EMULSION・CREAM   乳液・クリーム

季節や体調、年齢によって肌の状態も変わるため、毎日使ってきたフェイスケアアイテムでも、「べたつく」「しっとり感が物足りない」と感じる ことがあります。肌の状態に合わせて選べるよう、軽いつけ心地で肌なじみのよい乳液「フェイスエマルジョン」と、エモリエント成分の異なる2種類の「フェイスクリーム」をご用意しました。肌をなめらかに整えるクリームは化粧下地の代わりにも。化粧水と美容液で潤いを補ってからお使いください。

SUN PROTECTION日焼け止め

乾燥や肌荒れなど、ダメージに影響する紫外線。季節を問わず、適切な紫外線対策が重要です。日焼け止めを塗る前にも、まず保湿。化粧水と美容液で潤いを、乳液またはクリームで油分を補います。それから、適量の日焼け止めを手に取り、取り分けながら額・両頬・鼻・あごにつけます。指を使い、力を入れず、こすらずに、顔全体にまんべんなくのばします。顔の表面が白くなくなる程度が、肌によくなじんだ目安です。

LIP CREAM・BALMリップ・ネイル

唇は肌に比べて皮膚膜や角質層が大変薄い構造。水分保持力が弱く、短時間で乾燥してしまいます。湿度が下がったとたん、唇から荒れるのはこのため。リップクリームは欠かさずお使いください。簡単ですが、最も大切なケアです。スティックタイプで繰り出しが便利な「リップクリーム」と、唇だけでなく指先にも使える「リップ&ネイルバーム」。潤いを与えなめらかに保ちます。目的や使い勝手のお好みでお選びください。

ショッピングカート