【数量限定】トリートメントヘアオイルMARKS&WEB

【数量限定】
トリートメントヘアオイル

商品説明

成分

使い方

Q&A

ドライヤーの熱から髪を守り、乾燥を防ぐヘアオイルです。エモリエント成分である4種類の植物オイル(ブドウ種子油・ハイブリッドサフラワー油・ホホバ種子油・アルガンオイル※)と、菜種由来のヒートプロテクト成分を配合。髪にしっとりとした潤いとなめらかな感触を与えて、まとまりよく仕上げます。また、ブラッシング前に少量つけることで櫛通りがよくなり、摩擦によるダメージを抑えます。パサつく毛先の部分使用も効果的です。ブラッドオレンジ精油とカモミール精油の甘くみずみずしいフルーティーな香り。※全成分表示では、アルガンオイルをアルガニアスピノサ核油と表記しています。

>>他の香りはこちら
>>ヘアケアアイテムの選び方はこちら

ヘアコンディショニング成分

  • イソステアリン酸イソステアリル
    油特有のベタつきが少なく、軽い感触のエモリエント成分。ダメージのある髪の摩擦を軽減します。
  • γ-ドコサラクトン
    ドライヤーやヘアアイロンなどの熱により、毛髪と反応・結合して補修する植物由来のヘアケア成分です。毛髪と結合していることで、使用直後だけではなく洗い流した後でも効果が持続。補修によりキューティクルのめくれあがりを抑えるほか、櫛通りをよくし、毛髪をしなやかにします。

エモリエント成分

  • ブドウ種子油
    セラミドを構成するリノール酸が主成分の植物油。保湿感がありながらもベタつきにくい特長があります。
  • ハイブリッドサフラワー油
    ベニ花の種子から採取した、オレイン酸を主成分とする植物油。髪の保水力を補い柔軟性を与えます。
  • ホホバ種子油
    ホホバの種子から得られる植物油。油っぽさがなく、軽い質感が特長。髪に自然なツヤを与えます。
  • アルガニアスピノサ核油
    ビタミンEを豊富に含む、アルガンの種子から採取した植物油。毛髪をなめらかに整え、しなやかさを付与します。
  • トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
    パーム由来のエモリエント成分。髪をやわらかくし、なめらかに整えます。

香り

ブラッドオレンジ精油、カモミール精油

ブラッドオレンジ
カモミール

全成分

成分名 役割
ブドウ種子油 エモリエント
ハイブリッドサフラワー油 エモリエント
ホホバ種子油 エモリエント
イソステアリン酸イソステアリル エモリエント、髪を整える、保護する
アルガニアスピノサ核油 エモリエント
γ-ドコサラクトン 髪を整える、保護する
オレンジ油 賦香
ローマカミツレ花油 賦香
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル エモリエント
トコフェロール 品質保持

使い方

  • 2~3滴ほどを手に取り、両手でよくのばします。乾いた髪、またはタオルドライをした髪にまんべんなくのばし、ドライヤーで乾かします。パサつく毛先への部分使用も効果的。スタイリング用にもどうぞ。量が足りないと感じたときは少しずつ足してください。
  • さらっとした仕上がりがお好みの方は、「ハーバルトリートメントウォーター」をどうぞ。髪をほどよく落ち着つかせ、軽やかな仕上がりがお好みの方は、乳液タイプのトリートメント、「トリートメントヘアエマルジョン」がおすすめです。

こんな方におすすめ

  • ドライヤーの熱によるダメージが気になる
  • 髪の絡まりを防ぎたい
  • しっとりとしながらもベタつかないオイルがほしい
  • 髪に自然なツヤがほしい

使用上の注意点

  • お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。お肌に異常があるとき、またお肌に合わないときはご使用をおやめください。使用を継続されると症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談ください。目に入ったときは、ただちに流水にてよく洗い流してください。
  • 天然精油は紫外線等の影響で香りが変わる場合がありますが、ご使用上支障はありません。直射日光や高温低温・多湿を避けて保管し、お早めにご使用ください。
  • 低温で固化したり白濁することがありますが、品質に問題はありません。

よくあるご質問

  • Q.
    アウトバスのトリートメントアイテム3種は、どのように使い分けをしたらよいですか。髪質や悩み別に合わせたおすすめのアイテムをおしえてください。
    A.
    【髪質】
    硬い・・・しなやかさを与えてまとまりよくするには、油分を含んだ「トリートメントヘアエマルジョン」または「トリートメントヘアオイル」の使用がおすすめです。
    やわらかい・・・やわらかい髪に油分を与えすぎてしまうと、タイトに仕上がり、ボリュームを抑えてしまう場合があるので、ボリュームダウンを避ける場合には「ハーバルトリートメントウォーター」または「トリートメントヘアエマルジョン」がおすすめです。
    【お悩み・求める仕上がり】
    ダメージ補修・・・3種ともに、ドライヤーの熱から髪を守るヒートプロテクト成分を配合していますが、ダメージ補修に最も特化しているのは「トリートメントヘアエマルジョン」です。また、油分と水分をバランスよく与えます。
    髪が広がる・・・しなやかさを与えてまとまりよくするには、油分を含んだ「トリートメントヘアエマルジョン」または「トリートメントヘアオイル」の使用がおすすめです。
    短い毛が立ってしまう・・・油分を与えることによってしなやかさが出て、髪全体がおさまりやすくなりますので、「トリートメントヘアオイル」の使用がおすすめです。
  • Q.
    「トリートメントヘアエマルジョン」との違いは何ですか。
    A.
    どちらもドライヤーの熱から髪を守るヒートプロテクト成分を配合していますが、髪全体の水分・油分・ダメージ補修成分をバランスよく補いたい場合は「トリートメントヘアエマルジョン」がおすすめです。オイルのような束感は出ませんが、軽やかで指通りのよい髪に仕上げます。ヘアオイルは、やや束感が出るほか、つややかでまとまりのある髪に仕上がります。
  • Q.
    ヘアアイロンの前に使えますか。
    A.
    髪が濡れたり水気の多い状態(キューティクルが水分によって柔らかくなっている状態)で、高温のヘアアイロンを使用してしまうと、髪へのダメージに繋がる可能性があります。ヘアアイロンを使う場合は、半乾きの髪にアウトバスのトリートメントアイテムを使用し、ドライヤーで乾かした後にヘアアイロンを使うのがおすすめです。その後、必要に応じてさらに潤いを補給してください。
¥2,090

サイズ

45mL
45mL
45mL

香り

ブラッドオレンジ/カモミール
ブラッドオレンジ/カモミール

ユーザーの声

この商品の評価:
平均4点
投稿数:
1
  • 4点
    投稿日:2023/03/19

    良い香りで気に入った

    投稿者:
    きてぃ
    ヘアオイルが数量限定ということと、
    オレンジの香りが感じられて
    髪もまとめやすくなったので
    良かったです。

最近チェックした商品はこちら

ショッピングカート