ハーバルサンプロテクトリップクリームMARKS&WEB

ハーバル
サンプロテクトリップクリーム

商品説明

成分

使い方

Q&A

無機顔料の微粒子で、角質層に浸透することなく紫外線を防ぐ紫外線散乱剤を配合した日焼け止めリップクリームです。唇はメラニン色素が少ないことから紫外線に対する防御機能が弱いため、紫外線量の多くなる季節や場所では影響を受けやすくなります。だからこそ、肌と同じように保護することが大切です。天然エモリエント成分として配合したスクワラン、ホホバ種子油の働きにより、乾燥を防ぎ唇の潤いを守ります。また、表面をなめらかに整えることで口紅のノリがよくなるため、下地としても使えます。賦香成分無添加。顔料を使用しているため、唇に塗ったときにやや白くなりますが、指の腹でやさしくたたくようにのばし、まんべんなくつけてください。ウォータープルーフ成分を含まないため、石けんで洗えばきれいに落ちます。
●SPF10・PA+

紫外線防止成分

  • 酸化チタン
    鉱物由来の無機顔料で、肌の表面に膜をつくり紫外線を物理的に反射・散乱します。肌刺激が少ない成分です。
  • 酸化亜鉛
    鉱物由来の無機顔料で紫外線散乱剤のひとつです。主にPA値アップの役割を果たしています。「PA」とは、「Protection Grade of UVA」の略で紫外線A波の防止効果を表しています。日差しを浴びた後に肌を黒くする紫外線で、肌の奥深く、真皮まで届き、シワやたるみなどの原因となります。

エモリエント成分

  • ヒマシ油
    唐胡麻(トウゴマ)の種子から得られる植物性オイルで、粘性があり、外的刺激から保護します。
  • キャンデリラロウ
    キャンデリラの茎から抽出される植物性のロウの一種。乾燥を防ぎ、唇に自然なツヤを与えます。
  • スクワラン
    オリーブ由来のスクワランで酸化安定性・保湿性にすぐれたエモリエント成分。さらっとした軽い感触で浸透性が高いことも特長です。
  • ホホバ種子油
    保湿力、浸透力にすぐれた植物性オイルです。疎水性の層をつくり、肌をやわらかく保ちハリと弾力を与えます。
  • カルナウバロウ
    カルナウバヤシの葉および葉柄から得られる植物性のロウの一種。融点が高くリップクリームの硬度を保ち、唇を乾燥から保護するほか、自然なツヤを与えます。

全成分

成分名 役割
ヒマシ油 エモリエント
キャンデリラロウ エモリエント
ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル エモリエント
スクワラン エモリエント
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル エモリエント
酸化亜鉛 紫外線散乱
ホホバ種子油 エモリエント
酸化チタン 紫外線散乱
カルナウバロウ エモリエント
トコフェロール 品質安定
ダイズ油 溶媒
ニンジン根エキス 着色

使い方

2~3mmほど出して使います。

こんな方におすすめ

  • 日常生活における散歩や屋外での軽いスポーツなどで使いたい方
  • 紫外線による唇の日焼け、乾燥が気になる方

使用上の注意点

  • 唇に異常があるとき、また唇に合わないときはご使用をおやめください。使用を継続されると症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談ください。
  • 直射日光や高温低温・多湿を避けて保管し、お早めにご使用ください。

よくあるご質問

  • Q.
    この日焼け止めはウォータープルーフですか。
    A.
    マークスアンドウェブの日焼け止めは全てウォータープルーフではありません。エモリエント成分なども配合しているためある程度の密着性もあり、汗をかいただけですぐには落ちませんが、濡れたり、洗ってしまうとある程度は落ちてしまいます。そのため、定期的に塗りなおすことをおすすめします。
  • Q.
    使用すると唇が白っぽくなりましたが、なぜですか。
    A.
    「サンプロテクトリップクリーム」は、肌に刺激の少ない紫外線散乱剤を使用しています。白い顔料であるため、塗ったときやや白っぽくなりますが、指の腹で軽くたたくようにして伸ばし、まんべんなくつけていただくと、なじみやすくなります。また、肌が乾燥していると伸びにくいので、先に保湿用リップを塗って表面をなめらかにすると塗りやすくなります。
  • Q.
    口紅の下地として使用できますか。
    A.
    上から口紅などを塗ることは可能です。比較的密着性が高いため、口紅を重ねて塗ってもすぐ落ちることはありませんが、口紅を塗る際に力を入れ過ぎると口紅の方に「ハーバルサンプロテクトリップクリーム」が移り、落ちることもありますのでご注意ください。
  • Q.
    赤ちゃんにも使えますか。
    A.
    赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄く、刺激に敏感です。また、唇は粘膜に近く繊細な部位であるため、ご使用はお控えください。
  • Q.
    日焼け止めのSPF、PAとはなんですか。
    A.
    SPFとは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略です。肌の表面に作用し、赤く炎症を起こしたりシミの原因となる、B紫外線からの日焼け防止効果を示す数値です。 SPFの数値は、何も塗らない皮膚が20分程度で日焼けするということを基準にしています。日焼け止めを塗ってこの時間が延長されるほど、SPFの数値が大きくなります。

    例えば、SPF30では、20分×30倍=600分=10時間 となり、10時間まで日焼けが抑制されるという意味になります。日常的な買い物や洗濯程度であればSPF10位で十分とされていますが、長時間屋外で強い紫外線を浴びる場合には、SPF30以上のものが適しています。また、SPF値は目安ですので、数時間おきに塗りなおしたほうが効果的です。マークスアンドウェブの日焼け止めは、3時間ごとに塗りなおすことをおすすめします。

    また、PAとはProtection Grade of UVAの略です。生活紫外線ともいわれる、紫外線A波の防御レベルのことです。A波は肌の奥深くまで届き、弾力を保つ繊維を壊して、しわやたるみなど肌の老化の原因を作るといわれます。PAは、PA+、PA++、PA+++の3段階で表示されます。PA+ → 効果がある 、PA++ → かなり効果がある 、PA+++ → 非常に効果がある、と表されます。一般的に、日焼け止めはPA++で十分とされています。
¥1,280

サイズ:

4g
4g
4g

香り:

無香料
無香料

ユーザーの声

この商品の評価:
平均2.1点
投稿数:
8
  • 5点
    投稿日:2021/09/07

    白くはなる

    投稿者:
    きいぽぽ
    店頭で、店員さんに、保湿力はないです。真っ白になります!と強く言われましたが、唇用の日やけ止めが欲しかったので購入。ワセリン等で保湿してから使用すると、伸びは問題ないです。真っ白になりますが、このくらいのほうが日焼け予防が期待できて安心です。
    マスク生活で口は見えないので。マスクを外すのも自宅や庭くらいなので、全然問題ないです。使用し始めてから、唇の皮がめくれにくくなりました。
  • 3点
    投稿日:2021/04/08

    痒くならない

    投稿者:
    テオ
    唇が日焼けして痒くなりやすいので、日焼け止め成分が入っているものはありがたいです。
    程よく保湿力もあり、肌が弱い私でも痒くなりませんでした。

    ただ、他の方のコメントにあるようにかなり白くなります。指でおさえても白みは完全には消えず、唇に汚れが付いているみたいにも見えます。
    指と鏡が必要で、スティックタイプなのにさっと気軽に塗れないのが難点です。白みは、白リップのように下地として使用すると、気になりません。

    香りはなく、テクスチャーはやや硬めです。ペパーミント系の香りで、もう少し柔らかいテクスチャーだったらいいなと思います。
  • 1点
    投稿日:2019/12/03

    使えない

    投稿者:
    N
    固すぎて直接くちびるに塗ることができなかった。指でなんとか乗せても真っ白で潤いもない。上から口紅を塗ることもできない。
  • 1点
    投稿日:2019/11/07

    白く浮きます

    投稿者:
    aki0033
    日焼け止め成分がそのまま出てしまうのか、白浮きしましたし、
    伸ばせど伸ばせど白いまま。
    普通のを買えばよかった。
  • 1点
    投稿日:2019/06/12

    単品じゃ使えない

    投稿者:
    ホーリー
    塗ると白くなります。上に口紅塗るとなんとか使える。これで商品化されたのが不思議です。

最近チェックした商品はこちら

ショッピングカート