MARKS&WEB

【特集 FROM STAFF 】
乾燥する秋のヘアケアに
「リペア」シリーズ
2019/11/01

空気がひんやりと冷たくなり、木々の葉が赤や黄色に色づく11月。綺麗に紅葉した景色を見に、遠くへお出かけしたくなる季節ですね。まだまだ秋の気配は残っていますが、暦の上ではもうすぐ冬。気温が低下するこの時季は、肌だけでなく、頭皮や髪の乾燥が気になるときでもあります。乾燥によって、頭皮のかゆみが気になったり、髪の静電気に悩まされたり・・・そのままにしておくと、切れ毛などダメージの原因になることも。

今回のフロムスタッフでは、そんなお悩みがある方へおすすめのヘアケア「リペア」シリーズをご紹介。肌と同じように、季節によってヘアケアも変えてみませんか。

洗った後もきしまない「リペアシャンプー」

傷んだ髪を補修するシルクタンパクと、髪の潤いを守るハチミツが「リペア」シリーズの共通成分。とくに乾燥や傷みが気になるときは、低刺激のアミノ酸系洗浄成分に、この2種類の成分を配合した「ハーバルリペアシャンプー」がおすすめです。髪がダメージを受けていると、シャンプーした後のきしみが気になりますよね。「リペアシャンプー」は、洗った後もきしまず、髪の指通りがなめらか。傷んだ髪と繊細な地肌を、やさしく洗い上げます。

シャンプーをするときのコツは、まずシャンプー前に乾いた髪と頭皮をブラッシングして、頭皮の皮脂や汗の汚れを浮かせること。そのあとお湯でしっかりと予洗いすることで、髪の毛についたほこりや、浮かせた頭皮の汚れが落ちやすくなります。シャンプーの泡立ちもよくなりますよ。

しっとりとしなやかな髪に「リペアコンディショナー」

「ハーバルリペアコンディショナー」の特長は、濃厚な質感。髪に柔軟性を与えるホホバ油をベースに、シルクタンパクとハチミツを配合しています。「リペアシャンプー」で洗髪後、水気をきったら適量を髪全体に行き渡らせます。傷みやすい毛先までしっかりとなじませることを忘れずに。コンディショナーが地肌に残らないよう、よくすすぎましょう。しなやかな髪の仕上がりに、気分まで嬉しくなります。

シャンプー、コンディショナー共に、「ラベンダー/ゼラニウム」と「ゼラニウム/ローズマリー」の2種類の香りをご用意。お好みに合わせて香りをお選びください。

ダメージを補修する「リペアヘアパック」も一緒に

「傷んだ髪」とは、髪の毛の外側にあるキューティクルがはがれ、内部のたんぱく質が流れたことで隙間ができてしまった状態のこと。「ハーバルリペアヘアパック」は、3種類のアミノ酸が髪の内部にできた隙間を潤いで補います。とくに髪のダメージが気になる方には、スペシャルケアに使っていただきたいアイテム。「リペアシャンプー」の後に3~5分おいてからすすぐと、髪をしっとりと落ち着かせてくれます。

空気の乾燥だけではなく、カラーやパーマの負担、ドライヤーの熱など、さまざまな影響を受けやすい髪の毛。潤いのある髪で毎日を過ごすために、地肌の状態も確認しながら、自分に合ったヘアケアを選んでみてくださいね。